【海外旅行】~世界三大瀑布のそれぞれの違い~

こんにちは、ヤマディーです。

今回は、世界三大瀑布の違いについて書いていこうと思います。

世界三大瀑布とは

世界三大瀑布とは、以下の滝の総称です。

名前場所
イグアスアルゼンチン、ブラジル、パラグアイ
ナイアガラカナダ、アメリカ
ビクトリアフォールズジンバブエ、ザンビア

「世界三大瀑布」という名前は、日本で勝手に呼ばれているそうなので、実際に現地に行って、案内板のところ等に「世界三大瀑布の一つです!」とかは書いてないです。

一番日本から行きやすいのは、やはりナイアガラですかね。近くにはトロントという大きい街もあり、観光しやすいです!以前の投稿で、トロントについて書いておりますので、こちらも見ていただけると嬉しいです!


三大瀑布それぞれの特徴

名前高さ長さ水量
イグアス約80m約4.5km約60,500mt/秒
ナイアガラ約55m約0.7km約3,000mt/秒
ビクトリアフォールズ約110m約2.0km約38,000mt/秒
※あくまで参考です。雨季と乾季で水量が全然違うので、平均ベースで入れております。

各項目1番のところを色付けしております。残念ながら、ナイアガラはどれも1番ではないですが、水の綺麗さは圧倒的です!!!

それぞれ写真を載せます。

イグアスの滝

水の色がチョコレートにしか見えません。笑

ナイアガラの滝

これ、加工無しです。めちゃくちゃ良い写真が撮れます。
夜は色んな色でライトアップされて非常に綺麗です。

ビクトリアの滝

ビクトリアフォールズには、デビルズプールという有名なスポットもあるので、ぜひ行ってみてください!以前ブログにも書いておりますのでご参考までに!


まとめ

それぞれ、特徴が全然違うので、ここの方が良い、とか優劣をつけるのは非常に難しいです。ぜひ全部行ってみてください!!

最後まで見ていただきありがとうございました!引き続きよろしくお願いします。

9件のコメント

If you want to use the photo it would also be good to check with the artist beforehand in case it is subject to copyright. Best wishes. Aaren Reggis Sela

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。