【就活関連】〜FAXが無い会社に絶対就職すべき理由〜

こんにちは、ヤマディーです。

ヤマディー

今回は、「FAXの無い会社に就職しましょう」というテーマで書いていきます。

あなた

このご時世にFAXなんて使ってる会社少ないでしょ、、?

業界によっては余裕で使いまくっています。。

お名前.com

FAXの無い会社に就職すべき理由を書いていきますので、最後まで見て頂けると嬉しいです。

IT化が進んでいないと起きる影響

ヤマディー

「オフィスにFAXがあり、日常的に使用している」状況、文化を言い換えると、「IT化が進んでいない」ということになると考えます。

そのため、まずは「IT化が進んでいないと起きる影響」について、自分の会社目線顧客との関係の2つの観点から書いていきます。

自社目線

ヤマディー

まずは「自社目線」で、IT化が進んでいないと起きる影響について書いていきます。

1.ストレスが溜まりやすい

一つ目は、「ストレスが溜まりやすい」です。

ヤマディー

基本的に、手間がかかる作業ほどストレスがかかりますよね。

  • 書類をPDF化し、メールで送付
  • 書類をFAXし、数分後、先方に届いているか電話

上記だと、圧倒的に後者の方が手間がかかりますよね。

もちろん、細かい業務内容によっては、それほaど時間が変わらない場合もあるかもしれません。

2.チームの年齢層が高い

二つ目は、「チームの年齢層が高い」です。(※これに関しても、あくまで傾向の話です。)

ヤマディー

チームの年齢層が高いと、「新しいもの、変化」を受け入れ難い傾向にあります。

現状維持バイアスが強いため、会社の規模は成長せず、縮小していきます。

お名前.com

顧客との関係

ヤマディー

次に、「顧客との関係」観点で、IT化が進んでいないと起きる影響について書いていきます。

1.顧客とのコミュニケーションに無駄が多い

一つ目は、「顧客とのコミュニケーションに無駄が多い」ということです。

上記で述べた通り、もしFAXを送ると、「確認」のフローが必要になるケースがあります。

その「確認」のツールとして、よく電話を使うと思います。その際、相手が不在だった場合、折り返しを待つか、再度時間を置いてかけなおす、というフローが追加されます。

ただ書類を送るだけなのに、無限に時間がかかってしまいます。

FAXを使う古い業界については、後ほど述べます。

企業、業界によっては、「いまだにFAXなんて使っているの!?」という文化の会社もしっかり存在しますので、安心してください。

参考までに、元マイクロソフトの中島聡さんの著書を紹介します。

中島さんが運営している会社では、FAXはもちろん、電話も使っておらず、スラックのみでコミュニケーションを取っている、と書かれており、非常に興味深いので、ぜひ読んでみてください。

2.社会から遅れを取る

二つ目は、「社会から遅れを取る」ということです。

日本は、完全に経済の成長が鈍化しているため、無駄な業務を永遠と続けて足踏みをしていても、遅れが目立ちにくいです。

ヤマディー

しかし、世界はどんどんIT化が進んでおり、その中で無駄な業務が多い会社が生き残れる確率はどれくらいあると思いますか?

自明の理なので、これ以上は割愛します。

なので、IT化が進んでいない会社に就職するのは本当にお勧めできません。

IT化が進んでる、IT化に明るい会社に行くメリットは、それぞれ上記理由の裏返しと思っておいて問題ありません。

お名前.com

古い業界とは?

ヤマディー

ここからは、じゃあ実際に古い業界ってどんな業界?というところを書いていきます。

抽象化して一言で言うと、「実際にその場にいないと業務が出来ない仕事がある業界」です。

Ⅰ.物流

まず一つ目は「物流」業界です。

ヤマディー

物を遠隔操作では運べないですよね。

ただ、もちろん企業によってはIT化が進んでいるところもあります。

ドローンなどで運ぶ実験は、何度も実証実験がされているものの、世界的に本格導入するにはまだまだ時間がかかるでしょう。

Ⅱ.公務員

二つ目は、「公務員」業界です。

「実際にその場にいないと業務が出来ない仕事がある業界」という観点からは少しずれてしまうものの、上記で述べた、チームの年齢層が高いに当てはまる確率が高い業界です。

ヤマディー

ザ、年功序列の体質の古い業界というイメージありませんか?

Ⅲ.テレビ、新聞

三つ目は、「テレビ、新聞」業界です。

制作会社含め、全員が完全リモートでテレビ撮影、編集、なんてまだ聞いたことがないですよね。

ヤマディー

労働基準法ガン無視で働く、なんて噂では聞いたことがあるかもしれません。

上記以外にも、在宅勤務をしない会社、年齢層が高い会社は、古い傾向にあると思います。

就活で企業選びを間違わないためには

ここからは、「就活で企業選びを間違わないためには」について書いていきます。

対策①:OB訪問

対策一つ目は、「OB訪問」です。

OB訪問について、以前詳しく記事を書いていますので、以下から見てください!

お名前.com

対策②:業界分析

対策二つ目は、「業界分析」です。

もし、既にある程度業界分析をしていて、自分の興味のある業界が絞れていたとしても、もう一度、業界分析をやり直すことをおすすめします。

その理由は以下です。

  • 本当にその業界じゃないと自分のやりたいことは出来ないのか
  • もっとIT化が進んでいる会社でも出来ることではないのか
ヤマディー

再度、立ち止まって今一度振り返ることを本当にお勧めします!!


今回も最後まで見ていただきありがとうございました!!引き続き見て頂けると嬉しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です